性病の予防と治療

これまで性病の特徴や感染経路等を説明してきましたが、既に感染している場合にはどのようにすれば良いか。また、今後感染しないようにするにはどうすれば良いのか予防と治療について説明します。

性病の予防

std-prevention

性病の予防法として一番確実なのは性交渉をしない事です。しかし、予防法なので性交渉を行う前提でなければいけないので現実的ではありません。次に特定のパートナーとのみ性交渉を行うこれは比較的簡単に実践出来る事だと思います。性病はある日いきなり発生する疾患ではなく既に感染している人との性交渉をする事によって感染します。なのでパートナーが浮気をしない限りは感染する事はありません。最後に安全な性交渉を行う。これはコンドームだけでは防げない性病もありますが感染を予防するには一番現実的化と思います。

性病の治療

性病は早期発見、早期治療が大切です。大半の性病は治療可能なものなので早急に治療をオススメします。また、症状が軽い、病院へ行くのは恥ずかしいなど言っている場合ではなく前項で説明したリスクが付きまとってしまいます。ピンポン感染でまた感染してしまう可能性があるので、特定のパートナーがいる場合には必ず2人で同じ病院に通うようにして下さい。また、感染症によっても掛かる科が違うので以下を参考にして来院前に病院に確認する方が良いと思います。

性器クラミジア感染症
性病科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、産婦人科

淋菌感染症
性病科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、産婦人科

HIV/AIDS
性病科、泌尿器科、皮膚科、内科、感染症科、産婦人科

梅毒
性病科、泌尿器科、皮膚科、産婦人科

性器カンジダ症
性病科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、産婦人科

腟トリコモナス症
性病科、泌尿器科、産婦人科

性器ヘルペス
性病科、泌尿器科、皮膚科、耳鼻咽喉科、産婦人科

尖圭コンジローマ
性病科、泌尿器科、皮膚科、耳鼻咽喉科、産婦人科