性病の感染経路

std-infection

性感染症は稀に性行為以外で感染する疾患も存在しますが原則的に自然発生するものではありません。大半は既に感染している人の粘膜(精液、膣分泌液、血液、皮下組織)を通じて感染するケースが多く一般的には風俗店等で不特定多数との性交渉を行っている女の子から感染するケースが多いのではないでしょうか。また、肛門等の直腸に傷が付き血液から感染するケースもあります。

主な感染経路

病原菌が存在し得る箇所(感染経路)が性行為の際に性器、肛門、口腔、皮膚が接触してしまう事で感染症が起こる可能性があります。

クラミジア
尿道、精液、尿、外陰部、腟分泌液、肛門直腸、口腔、唾液

淋菌
尿道、精液、尿、外陰部、腟分泌液、肛門直腸、口腔、唾液

HIV
精液、膣分泌液、血液、肛門直腸

梅毒
精液、膣分泌液、外陰部、血液、患部、口腔

トリコモナス
尿道、精液、膣分泌液、外陰部

カンジダ
尿道、精液、膣分泌液、外陰部、口腔

性器ヘルペス
精液、膣分泌液、外陰部、患部、肛門、口腔、唾液

尖圭コンジローマ
外陰部、患部、肛門、口腔

A型肝炎
血液、肛門、便

B型肝炎
精液、膣分泌液、血液、唾液

赤痢アメーバ
肛門、便

感染後どうなるのか?

性交後に感染すると症状によっては潜伏期間というものがありその後発症します。そして、男性の場合には排尿時に痛みが出たり膿が出てくる事があり、女性の場合には普段よりもオリモノの量が増えたり色が付いたりと普段と状態が変わったり皮膚に炎症が出てきたりと様々な症状が出ます。