性病と性感染症の違い

std-difference

前項にて政府が発行している法案により名称が変更した事は説明しましたが、実際には法案に含まれる病気の種類にも変更がありました。いずれも原則的には接触感染を基本としており性交渉(セックス)以外にもディープキス、ペッティング、フェラチオ、クンニリングス、アナルセックスの全てが該当します。感染経路はそれぞれ疾患毎に異なる事があります。性感染症法となってから制定された疾患が増えましたが、自覚症状が出にくい疾患もある為に現在日本では性の乱れに伴い気付かずに感染しているケースが激増しているようです。

性病と呼ばれている疾患

性病と呼ばれていた時代では以下の4つ症状を性病として認識されていました。当時は風俗に通う人間のみが感染する病気というイメージが強く性病=不潔のような風潮がありました。

新しい性病として制定された疾患

そして、性感染症法が制定されてからはそれまでに含まれていなかった下記の症状を含むようになりました。実際には確立的には低いですが性交渉以外でも実は感染する確立は多く存在しています。