検査時期について

inspection-time

性病検査は、不安な行為をしてしまった時点ですぐに検査をしても検査結果には表れる事はありません。検査を受けるにあたり対象となる性病毎に潜伏期間などが決まっているので、潜伏期間を超えた検査結果が出るタイミングに合わせて検査を行う必要があります。それぞれ、以下の項目を見て参考にしてみて下さい。

尿検査

感染のあった可能性のある日よりおよそ2~3日以上経過してから検査結果を得る事が出来ます。

検査対象疾患: クラミジア淋菌マイコプラズマウレアプラズマ

膣分泌液検査

感染のあった可能性のある日よりおよそ2~3日以上経過してから検査結果を得る事が出来ます。

検査対象疾患: クラミジア淋菌トリコモナスカンジダ一般細菌ヒトパピローマウイルス

血液検査(HIV)

HIV検査は抗体のスクリーニング検査を実施します。病院、保健所と同じく感染のあった可能性のある日から3ヶ月以上経過してから検査する事をお勧めします。HIV抗体が出来るのが4~8週間かかると言われており、この期間内に検査をして陰性であった場合でも後日検査した場合に陽性反応が出る可能性があります。

血液検査(梅毒)

梅毒検査はTPHA法を利用している場合には感染のあった可能性のある日よりおよそ1ヶ月以上経過してから検査を受けて下さい。また、TPHA検査法は過去に梅毒に掛かった事のある方は陽性反応が出てしまうので病院等で検査をする事をお勧めします。

血液検査(肝炎)

感染のあった可能性のある日よりおよそ3ヶ月以上経過してから検査結果を得る事が出来ます。

咽喉検査

感染のあった可能性のある日よりおよそ2~3日以上経過してから検査結果を得る事が出来ます。

検査対象疾患: クラミジア淋菌