性病検査について

inspection性病の予防と治療の項では治療を行う病院については触れましたが、既に症状が出ている場合には問題ありませんが、まだ不確定の場合に行える検査は大まかに以下の3つ検査方法が存在します。

病院

一番良く知られているのが病院です。ただし、検査をして欲しい旨を伝えないと診察のみで検査をしてもらえないパターンが多いです。また、当然ながら診察料以外に検査料も掛かり症状が出ていない場合ですと保険適用外となったりするので担当医の方に確認すると良いと思います。性病科、泌尿器科、皮膚科、内科、感染症科、産婦人科辺りがある総合病院であれば大体検査はやっているとはずですが、念の為に病院に行く前に確認する方が良いでしょう。

保健所

基本的に保健所ではHIVの検査をメインとしていますが、保健所によっては他の感染症の検査も併せて行っています。日本全国の保健所で週に数回定期的に検査を実施していますが、地域によっては不定なので以下の厚生労働省で調べてみる必要があります。また、一回の検査可能な人数も限られているので既に予約が取れない可能性もあります。費用は検査内容によっては無料で行えます。

厚生労働省HIV検査相談マップ

検査キット

最近主流の方法で郵送で検査キットが送られてきて検査結果はインターネットで確認する事が出来るのが特徴で、検査自体は通常の病院で行われる検査機関と同じ場所で検査が行われおり、匿名性、費用の安さ、自宅で出来るのが特徴です。