子宮頸癌

condylomata-acuminata尖圭コンジローマと同様にヒトパピローマウイルスの長期感染によって発症する。子宮頸癌となる前段階として異形成が発見可能なためであり、定期的な子宮頸癌検診により異形成の段階で発見・治療することにより癌の発症を未然に防ぐことが可能です。