チンコに激痛を感じて病院に行ってみたら予想外な結果が

昨年の夏にクーラーの効いた部屋で肘を突く格好でうつ伏せで本を読んでいたらチンコに耐え難い激痛が走ったのが始まりでした。急いで確認すると亀頭の先っちょからほんのり白い膿っぽいものが・・・。

seibyo0010-01

膿の量からみて淋病の類ではなくクラミジアの類だと思っていたので、検査と治療を兼ねて近場にある性病関連の病院へ行きました。今までも何度かクラミジアにはお世話になっていたので症状でなんとなく分かっていました。それに、症状から半年以内の間にデリバリーヘルスで勢い余って生で挿入したという心当たりもありました。

病院に行き現在の状況と症状を伝えると、即日に結果の分かる検査で尿道に細い綿棒を奥まで入れて(瞬間的激痛がヤバい)クラミジアの確認。併せて尿検査をしたのですが、触診の時点で医師が「あー、これは大変だね」と言い出しました。

私は何の事か分からずに「どういう事ですか?」と聞き返すと「コンジローマに感染してるよ」と教えられました。ここでコンジローマの説明を受けるのですが、簡単に言えばカリフラワーや鶏のとさかのようなイボのような物が出来る症状らしく、治療するには外科手術になると告げられました。私の場合には、ほんの数ミリといった程度の大きさのイボで普段は気付く事はありませんでした。

手術の簡単な説明(本当にざっくりと)されたのですが、チンコに局部麻酔をして患部をレーザーで焼き払うという事・・・。聞いているだけでゾワゾワしていましたが、やるしかない・・・という気持ちでいっぱいでした。

一度感染すると患部を焼き払っても再発する可能性があるので半年から1年は様子を見た方が良いという事言われました。まさか、1度の生挿入でこんな事になるとは思いませんでした。これに懲りて不特定な相手との生挿入をやめようと誓いました。