英国中学生が性病に反応して発光するコンドームを開発

ロンドン在住のアイザック・ニュートンアカデミー校に通う、Muaz Nawazさん(13)、Daanyaal Aliさん(14)、Chirag Shahさん(14)の3名によって画期的な発明がされたと話題になっているようです。それは、性感染症の男性が装着する事でコンドームが発光するという、その名も『スマートコンドーム』

ティーンエイジャーの研究や発明にあたえたれる『ティーンテックアワード』健康部門の最高賞を受賞し、バッキンガム宮殿での授賞式に参加した3人は1000ポンドの賞金を贈呈されたそうです。

seibyo0015-01

このスマートコンドームは、性病の種類によって反応して、クラミジアなら緑色ヘルペスなら黄色梅毒なら青色となって発光する色合いが変化して感染している性病をお互いに確認する事が出来る。

日本では、「極薄コンドーム」や「香り付きのコンドーム」や「蛍光コンドーム」等のセックスを楽しむ為のコンドームが多く開発されていますが、性病に関するコンドームというのは性感染症が大きな問題として考えられている英国ならではかもしれない。

日本国内の一般消費者の目線で見た場合には少し機能面が不十分かもしれない。男性側のみを検査対象とするスマートコンドームでは、受け側の性病チェックがされないので、性病感染の拡大を抑えるには不十分かもしれない。

また、受け側が口腔感染している場合には、コンドームだけでは不十分なので別の媒体で簡易的に検査する事が出来ると理想的なのかなと思います。

現時点では販売されていないが近いうちに商品化するようなので、スマートコンドームがどのような物になるのか今から楽しみですね。