中国女性銀行員手洗いを怠った為に尖圭コンジローマに感染

基本的には世界一綺麗だとされている日本の紙幣等でも多くの細菌が付着していているので、幼少期の頃には「お金を触ったら手を洗おうね」と親や学校で躾されてきていると思う。

そんな中で中国の女性銀行員が『尖圭コンジローマ』へ感染したとの報道がなされた。

seibyo0019-01

 賄賂や不正蓄財など、ダーティーマネーが氾濫する中国だが、人民元紙幣は衛生的に見ても汚染されているようだ。

 複数の中国メディアによる報道によると、浙江省温州市の30歳になる女性銀行員の阿麗(仮名)が先日、下半身にかゆみを覚えて病院で診察を受けたところ、性病のひとつである尖圭コンジローマに罹っていると診断された。そこで阿麗がまず疑ったのが、婚約者の男性。外で女遊びをして病気をうつされ、それが彼女にも伝染したのではないかと考えたのだ。

 阿麗はすぐさま婚約者を病院へ連れていき検査を受けさせたが、結果はシロ。そこで再度、医師の詳しい問診を受けたところ、阿麗は医師から驚きの言葉を聞かされた。なんと、仕事でお札を数えた後に手を洗うことなくトイレに行ったことが、感染の原因だというのだ。つまり、お札に付着していた尖圭コンジローマの原因ウイルスが、阿麗の手を介して性器に感染したというわけだ。

 同じ頃、同市に住む20代女性の小楽(仮名)も、下半身のかゆみを訴えて病院へ行ったところ、ある性病に罹っていると診断された。しかし小楽は、まだ性経験のない処女だった。彼女も同じく銀行員で窓口業務を担当しており、お札を数えた後に手を洗わずトイレに行っていたことが判明。こちらも、それが性病の原因だと考えられている。

 2013年に香港城市大学がアジア各国の紙幣に付着している細菌の数について調査したところ、人民元は1枚当たり平均して17万8,000個と、2位の香港、カンボジアの紙幣(各1万個)を大きく離してダントツの1位。

しかも、最も多くの人の手に触れられる1元札(約20円)からは、なんと1,800万個もの細菌が検出されたという。ここまでくると、中国でお札を触るのが怖くなるレベルの話だ。

 マネーロンダリングに手を染める中国の特権階級は今後、せめてもの罪滅しとして、ついでに紙幣の物理的な洗浄も行うべき!?
(文=佐久間賢三)

尖圭コンジローマの感染経路として考えた場合、性交渉以外にもタオルやお風呂等でも感染する事があるので紙幣から感染する確立がある事も不思議ではありません。

世界的に見ても日本の紙幣は、紙質が良く定期的に交換されている事から非常に綺麗だと言われています。しかし、2020年のオリンピックに向けて多くの外国人が日本へ来ているので、いつも以上に紙幣や硬貨を触った後は出来るだけ手洗い等を心掛けた方が良いでしょう。